ハムスターケージの選び方は大きさや掃除のしやすさがポイントです

ハムスターケージの種類

ハムスターは飛び跳ねないのでハムスター専用ケージでなくても飼うことができます。どの種類のケージでも酸素の確保だけはしっかりとしてください。

 

ハムスター飼育セット

ハムスターを飼うのに必要な道具がセットになった商品があります。よくわからない初心者の方にはおすすめです。

ただあまり小さなケージを購入してしまうとハムスターのストレスになるので分からない場合は店員さんに聞いて適切な大きさのケージを買いましょう。

 

おすすめハムスター飼育セット

ルーミィ飼育セット

シンプルなルーミィに飼育道具がついた人気のセット

セット内容
ケージ本体・回し車・食器・給水ボトル・隠れ家付きステージ

 

向いているハムスター種類
ロブロフスキー・ジャンガリアン・チャイニーズ

※ゴールデンやキンクマハムスターにはちょっぴり小さいので、スペースの狭い環境が気になるようならあとで紹介しているルーミィ60がおすすめです。

我が家のキンクマハムスターのフゥちゃんは小さなほうのルーミィを使用しています。

 

 

セット以外の飼育道具はこちらの記事を参考にして購入してください。

我が家のハムスター飼育道具を紹介します
我が家のハムスター モモちゃん こんにちは。私ジャンガリアンのモモだよ。体は小さいけれど生後8ヶ月の女の子。 私たちハムスターが住んでいるおうちを紹介するね。 フゥちゃん ...

 

 

ハムスター用ケージ

ハムスター専用に考えられた大きさのケージで回し車が入る高さになっています。ケージに直接回し車が設置できるものもあります。

 

水槽

水槽は高さがあるので脱走する心配もなく、重さもあるのでひっくり返す心配もありません。透明度も高いのでハムスターの様子が綺麗に観察できますね。

ただ水槽は幅が狭いものが多いので手狭になってきたらハムスター用ケージに買い換えてあげましょう。

 

衣装ケース

プラスティック製の衣装ケースでスーパーなどで安く手に入れることができます。高さはハムスターが脱走しないようにハムスターの体長より10cm以上の高さがあるものを選びましょう。

我が家では衣装ケース(高さ14cm程度)でたまに散歩させています。

 

ハムスターケージの選び方

ケージの大きさ

ケージの色や形を選ぶ前に「ケージの大きさ」を決めます。ハムスターの飼育道具をケージに入れていくと徐々にケージが狭くなってきます。

ハムスターの種類によって必要な回し車の直径が違うので適切なケージの大きさを選ばないと早い期間でケージを買い換えないといけなくなります。

大きくなるハムスターの代表格は、ゴールデンとキンクマです。この子たちには最初から大きめのケージを購入しましょう。

 

ハムスターケージの大きさの目安

ポイント

ロボロフスキー=幅35×奥行25×高さ18cm以上
ジャンガリアン=幅40×奥行25×高さ20cm以上
ゴールデン= 幅50×奥行30×高さ25cm以上

 

砂場、トイレ、回し車、水飲み場、巣箱と色々な飼育道具を置いてさらに遊び場としてブロックを置いたりトンネルを置いたりすると狭くなってきます。

ケージの置き場が確保できるのであれば、出来るだけ大きなケージがおすすめです。ケージがあまり小さいとハムスターのストレスが溜まるそうです。

 

大きめハムスターケージ

 

ワイヤーの位置

ハムスターはケージのワイヤーをガジガジ噛むことがあります。我が家のハムスターモモちゃんもごくまれにですが、水飲み場(建物の背が高い)に登ってケージの上に付いているワイヤーにぶら下がったりガジガジすることがあります。とても危険なので高い建物はダメだなぁと思っています。

↑ 高い建物をケージの隅から少し離して上げたら登らなくなりました。

 

ケージを噛む行為自体は、ハムスターのストレスや餌を食べたい、外に出たいなどの要求もあるので必要な行為かもしれませんがケージを噛むことで歯が傷つく可能性があるそうです。

 

ハムスター専用ケージの中にはワイヤーが横に付いている商品も多いです。横についているワイヤーをガジガジすると心配なので、横にワイヤーが付いていないケージがおすすめです。

 

掃除のしやすさ

ケージの大掃除をするときに床材の入れ替え、トイレの砂の入れ替えなどが行いやすいケージを選びました。

 

安全なケージ

ロフトが付いているケージ(二階建てのケージ)は、ハムスターもきっと楽しいだろうと思って検討していましたが、30cm以上の高いロフトのケージは、落下事故が起きていて危険なのでやめました。

15cm程度の高さのロフトなら問題ないかと思います。

 

おすすめのハムスターケージ

ルーミィ ベーシック C14

我が家のモモちゃんとフゥちゃんのおうちは、ルーミィ ベーシックです。1匹につき1台です。

 

ケージの大きさ

本体サイズ (幅X奥行X高さ) :47×32×27.5cm

ジャンガリアン、ロボロフスキーならちょうどいいです。ゴールデンでもサイズは大丈夫ですが大きくなるとやや狭く感じるかもしれません。

中の様子が分かる

容器全体が透明でいつも遠くからでも何をやっているのかわかるので安心します。

撮影しやすい

可愛いモモちゃんを容器越しに撮影してもケージが映り込まずに綺麗に撮れます。

開けやすい

モモちゃんと遊ぶときや餌をあげるときも上のワイヤーロックを2つ回すだけで簡単に空きます。上を開けるので脱走の心配もありません。

 

安全

容器は本当にシンプルで横にワイヤーがないですしプラスティックの隙間が空いているということもありません。

 

 

ルーミィ60 ベーシック

ルーミィC14がそのまま大きくなったケージで、ハムスターの成長によってC14から60へ買い換える人が多いです。

ゴールデン・キンクマハムスターを飼う方は初めからルーミィ60がおすすめです。

 

ケージの大きさ

本体サイズ (幅X奥行X高さ) :620×450×315mm

 

 

ミニデュナマルティ

ミニデュナ

色が選べません

イタリアのferplast社という会社の商品で5色ありますが色は選べないそうです。イタリア製というのに憧れます。色を選ばせないのもイタリアっぽくてかっこいいです。商品の内容も頻繁に変更されることもあると注意書きがあります。

 

セットがお得

付属セットを付けた様子

ミニデュナマルティには、本体のみと、付属品(巣箱・餌入れ・回し車・ロフト)が付いたセットが選べます。値段は1,000円程度の差なのでセットを購入したほうがお得ですし本体と一緒にしか購入できないのでセットをおすすめします。